金運開運!幸せへのブログ

金運上昇・運命を好転させるぞ!!
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 姓名判断 | main | 開運グッズ紹介【ビリケンさん】 >>

開運グッズ紹介【幸運を呼ぶ福の神 仙台四郎】

開運グッズ紹介の第4回目は、明治時代、商売繁盛の福の神として商人に大切にされていた『仙台四郎』さんグッズです。
仙臺四郎(仙台四郎 せんだいしろう、1860年頃 - 1902年頃 本名:芳賀四郎)さんは、江戸末期仙台に生まれ、明治時代から現代まで福の神として崇められている実在の人物です。
四郎さんは、知能障害で話すことができませんでしたが、四郎さんが入る店は繁盛するとして各地でもてなされた。没後、商売繁盛のご利益があるとしてその写真が飾られるようになり今日に至っています。
四郎さんの写真が一枚だけ残っていて、大正に入るころに仙台市内の千葉写真館が「明治福の神(仙台四郎君)」と銘打ってこの写真を売り出した時から「仙台四郎」と呼ばれるようになったようです。
四郎さんは、火の見櫓のそばに生家があったため「櫓下四郎」と呼ばれたり、「四郎馬鹿」「シロバカ」などとも呼ばれていたそうです。
四郎さんの知能障害は、7歳の時に花火見物中、誤って広瀬川に転落して溺れ、1週間意識不明になり生死の境をさまよったことにより知能の発達が遅れだしたと言われています。
言葉は「バアヤン」としか話さなかったようですが、人に危害をなすことはなく、子供が大好きで、いつもニコニコと機嫌よく笑っていたらしいです。
立ち寄る店は、必ず繁盛するとされたため、どこでも無料でもてなされたそうです。無料で鉄道を利用し、白石、白河、福島、山形まで足を伸ばしていたらしいです。
仙台市歴史民俗資料館に1902年(明治35年)頃に47才で須賀川で死んだと記録が残っているようですが、定かではないようです。
四郎さんが、気に入らない店には誘われても決して行かなかったそうです。
四郎さんは人を見抜く力があって、ずるい人やいじ悪い人間は大嫌いだったのです。又、熱いお茶も嫌いだったようです?。
四郎さんの写真が一枚だけ残っていて、大正に入るころに仙台市内の千葉写真館が「明治福の神(仙台四郎君)」と銘打ってこの写真を売り出した時から「仙台四郎」と呼ばれるようになったようです。

仙台四郎さんのエピソードについては、下記の本などで参考にされては如何でしょうか?。

・福の神になった少年―仙台四郎の物語


・仙台四郎 開運ポストカードブック


・福の神 仙台四郎のなぞ―不況を吹き飛ばすという
 ※この本はユーズド商品しか無いようですが、かなり希少価値があるのでしょうか?高額です・・。


・不思議な福の神「仙台四郎」の解明
 ※この本もユーズド商品しか無いようです。


仙台にはなかなか行く機会がなかったので、知人にお願いして、
仙台四郎色紙(額入)

と額入仙台四郎写真(コピーかな?)

を買ってきてもらいました。
我が家の西側の壁と仕事部屋の壁にかけています。
仙台四郎さん関連のグッズは、いろいろあるようですが、他には頂いた絵葉書も持っていましたのでこれも飾っております。

商売繁盛しますように!!四郎さん宜しくお願いいたします!。。
開運情報 | permalink | comments(0) | trackbacks(2)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kinunkaiun.jugem.jp/trackback/33
この記事に対するトラックバック
大人気簡単開運グッズのラッキーショップ皆さん、コレクター人生の中において、トレカや食玩で何度勝ってもレアが出ないとか、どうしても欲しいアイテムが数量限定だったり期間限定だったりで入手困難な為になかなか手に入らないとか、そういう悔しい思いをした事がある
大人気簡単開運グッズのラッキーショップ | 日本中のコレクターを応援するホビー情報ブログ | 2011/09/21 2:09 AM
大人気簡単開運グッズのラッキーショップ■不景気で売れる開運・風水グッズ!15万人愛用のミニ風水鏡、10万人愛用のトイレ用風水画など大人気風水・開運グッズを多数の集中販売キャンペーンです。・書くネタいっぱい。自身の宝くじ体験やラッキー体験を元に書ける!・チ
大人気簡単開運グッズのラッキーショップ | 役立つかもしれないマネー情報ブログ | 2011/09/24 10:54 PM